ペニスの仕組み

性的興奮

性的興奮が高まって勃起すると、精のうや前立腺から液体が分泌されます。
同時に膀胱の下にある内括約筋が収縮し、膀胱からの通り道が遮断されます。
尿道からの通り道も外括約筋に閉じられ、2つの括約筋の間が1つの部屋になって精液が溜まります。

 

この時、カウパー腺から尿道内にアルカリ性の粘液が分泌され、尿で酸性になった尿道を中和します。
尿道の途中に弁が膀胱方面と精巣方面に分かれているので、精液と尿は混ざりません。

 

興奮が頂点になると外括約筋が緩み、部屋に溜まっている精液が筋肉の痙攣と共に尿道から出ます。
これが射精で、男性は強い快感を感じます。

 

興奮が治まると、充満していた海綿体の血液が陰茎静脈を通って体内に戻り、ペニスももとに戻ります。
1回の射精で出る精液は2ccから4ccで、1億から6億個の精子が含まれています。
精子は精管の中ではゆっくり移動していますが、分泌液と混ざって精液になって射精されると、1分に3mmぐらいの速さで進める様になります。

 

初めての射精を精通と言い、女性の初経に相当します。
早い人は10歳、遅い人は18歳ぐらいです。

 

精通を経験すると男性の性的機能が成熟し、女性を妊娠させる能力を持ちます。
精通の多くはマスターベーションによるものですが、性的な夢を見て起こる夢精で経験する人も居ます。